スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【自転車同好会(仮)】白石峠&二本木峠ヒルクライム【前編】

11-25,2010

N野さん、F田さん夫妻と一緒にプチ遠征してきました。
ターゲットは秩父地方にある白石峠と二本木峠

まともなヒルクライムが初めてなのでドキドキと心配が50:50
まぁ、予想した通り玉砕したわけですが・・・

写真が多いので2パートに分けて書きますね。
5:45
起床、やっぱり雨降ってる。
東京アメッシュ、ウェザーニュース、yahoo天気予報によれば
8:00頃には晴れてくるようなので決行となりました。
外環→関越と乗り継いで、集合場所「おがわまち(道の駅)」に向かいます。


7:50
鶴ヶ島IC付近でまさかの大雨・・・
  こんな天気で大丈夫か?
  大丈夫だ、問題ない。


8:20
おがわまち道の駅に到着。
雨ですけど・・・?


8:30
雨が止んで急に晴れてきた!


そして、全員集合時間より早く到着。
 どうするー?
 もう出発しちゃうー?
 それとも乾くまで待つー?
なんて話してるうちに準備が整ったので出発しちゃいます。


DPP_0194.jpg DPP_0197.jpg
路面はご覧のとおりウェット、跳ね上げで背中が汚れるー。

DPP_0200.jpg
白石峠入口まではダラダラとした登りが続きます。

DPP_0201.jpg
クライマーのブログで頻繁に登場する看板が見えてきました。
既に身体はポカポカ、いい準備運動になったようです。

写真撮影を済ませてスタート。いきなり16%の激坂が襲ってきます。
もはや道じゃない、壁だ・・・

早速インナーに落とす
リアはロー側3枚を適宜切り替える
それでも、きっ、きついいいいいい

脚よりも心拍がやばい、ヘタレですから
しかも心拍計を忘れてきちゃったので 勘 で調整することに

えっちらおっちら登ってましたが無念の足着き・・・
つーか、今の看板あと何キロって書いてあった?
勇気を出して振り返ってみる

DPP_0204.jpg
残り3.2km・・・
まだ半分・・・だと・・・?


DPP_0203.jpg
心が折れてしまったので、景色を撮ったりしてみるw


1cb7.jpg
計4回の足着き・・・
ヘロヘロになりながらようやくゴール
終盤に向かうにつれて、勾配が緩やかになっていくんですね。

DPP_0208.jpg 741c.jpg
なにはともあれ登頂しましたよ!


これで白石峠はおしまい
更に登ると展望台があるということなので行ってみました
ここからの登りはさっきに比べたら楽なもんですw

と、ここでCinelli号が突然のパンク!
奥さんが落車してしまいましたが、怪我がなかったようで一安心
タイヤはカッターの刃でも踏んだようにパックリ逝ってました

DPP_0216.jpg DPP_0217.jpg
というわけでパンク修理ですよ~ ※写真なんか撮っててすみません
パックリタイヤには外側からもパッチを貼ってみたり

DPP_0220.jpg DPP_0224.jpg
展望台からの景色は素晴らしいの一言

DPP_0222.jpg
紅葉もバッチリ
登ってきた甲斐がありました


休憩を挟んでいざダウンヒル!
しかし、出発直後にOKB号がアウターに入らなくなってしまったのでストップ・・・
FDを調整したのち再出発となりました すいませんでしたー

で、ダウンヒルはというと、
相変わらず路面がウェット、さらに走り屋対策(?)の凸が多くて怖かったっす
写真?撮る余裕ないてないですよ^^

DPP_0227.jpg DPP_0225.jpg
峠の茶屋に到着、下りはあっという間ですね・・・
B級グルメの「小豆すくい」を食します
いい具合に塩が効いていて美味
でも、カロリーが足りないのでカップラーメンも食しました

そして決断の時
予定ルートは白石峠を下って二本木峠を登るというものですが
Cinelli号のパンクがあったので「行く」か「引く」かを決めなければなりません

F田さん「トラブル対応で休めたからまだまだ元気!予定通り行こうぜ!」(意訳)
あっ、えーっと、タイヤのほうを心配してたんですけどw
飛ばし過ぎなければ大丈夫でしょうということで、二本木峠へ向かうのでした。

後編につづきます
スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。