FC2ブログ

BB蛾物故割た

07-25,2012

ブルべでのこと、奥志賀スーパー林道を走行時に道の脇から飛び出していた木らしきものに当たった直後に、クランク周りから「バキゴリッ」と鈍い音がした。音は直ぐに消えたので気にしていなかった、というか忘れていたのだが、先日ローラーに乗っていると「ガラガラガラガラ」と福引きみたいな音がし始めた。

色々と調べたところ、負荷に関わらずBBから鳴っていることが判明。たぶんシールリングが割れてベアリングが水没、グリス切れになったんだと思われる。タロウ輪業の中の人がデッドストックのBBを譲ってくれると仰るので受け取ってきますた。で、夜も遅くに作業開始。


あーwwwやっぱり割れてたかwww

BB交換したら福引音はしなくなりましたとさ!
スポンサーサイト



こちらはSA奥志賀の反省会場です

07-20,2012

※写真はイメージです

カヤノ平でタイムアップとなり、激坂の菅平をのぼる元気が無くなったので(ハンガーノック気味)、PC2を下りきったところでシンノスケさんとお別れしてK403を辿って向かうは飯山市。国道へ出る手前のセブンイレブンでミートソーススパゲッティ/レッドブル/天然水2Lを補給。Edge705に用は無くなったので、モバブーの給電先をiPhoneにしてしばしの休憩。パスタを頬張りながらiPhoneで越生までのルートを確認すると、R117(飯山バイパス→飯山街道→アップルライン)をひたすら南下、R18に出たらひたすら東へ、松井田妙義あたりでR254へ向かえば良いことがわかった。およそ250kmの道のり…w

長野新幹線の終電には間に合いそうもないし、自走するしかないので頑張る。ちなみにユニクロでTシャツ短パンを買って漫喫で夜を明かすという案もあったけど、自転車を店内に持ち込めるわけがないので5秒で却下した。

怖かったのは飯山街道。街灯の無いアップダウンの続く道で巨大な虫がジャージの中に飛び込んで来た時は発狂しそうだった。レッドブル効果で足は異様に軽くなったが、3時間(約100km)ほど進んだあたりでさすがに前にも後ろにも誰もいなくて寂しくなってきた。残り150km…、嫁さんが待ってるしな…。心が折れるのは一瞬でしたw 「ヒッチハイクしてみようず!」ということでコンビニやGSで声をかけること30分、これから茨城県に向かうという方が汗臭いアラサーの私を快く乗せてくださいました。関越道の高坂SAで下して頂き、許可を貰って従業員出入り口からK248へ、越生まで残り12kmをカッとばした。

ゆうパークおごせで待機しているスタッフの方に感謝の言葉を伝え、汗と埃にまみれたジャージから私服に着替えて家路へ。眠くなったら三芳SAで仮眠しようと思ったけど、クーラーガンガン&大声でアニソンを歌っていたらいつの間にか家に着いてたw ジャージ類を洗濯機にぶち込んで、風呂→飯、からの4:00就寝。起きて待っていてくれた嫁さんには頭があがりまへん。

さてさて、リベンジに向けて色々とメモっておこう。

<反省点>
・スタート時間
 4:00発なら涼しいうちに距離を稼げると思っていたけど、全く以てそんなことなかった。
 次回は6:00スタートにして睡眠時間を稼ぐ。

・補給不足
 背中にスティックパン9本入れていたのに帰宅時に3本残っていた。燃費悪いから食べること。

・暑さ対策の不足
 フォロワーさんが教えてくれた「凍ったアクエリアスを背中ポケットに入れる」を試してみよう!

・足着きし過ぎ
 景色を見たいからといって立ち止りすぎた。遅いんだから次はほどほどにする。

<よかったこと>
・High5Zero
 真水と違って吸収が早いからガブガブ飲んでも腹タプにならない。

・胃強
 炭水化物や脂質をガツガツ食えた。帰宅後も肉をモリモリ食べた。(熱ダレしていた草津交差点除くw)

BRM715埼玉400kmスーパーアタック奥志賀をDNFした話

07-17,2012

「鉄は熱いうちに打て、ブログは覚えているうちに書け!」てことで書きます。ツイートや速報に載せたのでご存知の方も多いと思いますが結果はDNFでした。残念無念また来年ってなwww では覚えてる範囲で時系列に。

土曜は21:00に就寝、最近は遠足前症候群にならないので直ぐに眠れた。翌1:00起床、餃子やら麻婆茄子をmgmg。寝起きの中華はサイコーです。1:30に出発して外環→関越のルートで越生へ。3:00にゆうパークおごせに到着したのはいいけど、空から何か降ってる。「雨なの?バカじゃいの!?」とブツクサレながら着替え&自転車の準備を済ませ、コンビニで買ったアンパンとモーニングショットをキメる。ボトルは750mlがHigh5ZeroXtreme、500mlが真水という構成。それにしても蒸し暑い。そういやどこからか「26℃」という声が聞こえたな・・・w

DPP_0926.jpg
3:40、真っ暗闇のなかランタンの灯りを頼りにブリーフィング。ルートに関しては難しい場所が無いため割愛。注意事項として「二度上峠が工事中なので信号を守ること」「カヤノ平下りのグレーチング」などが告げられる。 車検受けてGO!走り出せば涼しいと思っていたが、白根山まではずーっと暑かったw

DPP_0927.jpg
7人くらいのトレインで快調に進む。信号で切れるまで1時間くらいお世話になりました。

信号切れしてからはMERIDAの方と2人旅、彼は今回が初ブルベとのこと。携帯食の羊羹やスティックパンを食べながら走っていた割に、早くもガス欠気味で脚が回らないマンに変身しかけていたので、二度上峠に入る前に高崎倉渕三ノ倉のセブンイレブンにチェックイン。だいたいここまで83km。大盛りナポリタン(660kcal)を食らう。あとセブンイレブンということで2Lで128円の天然水を買った。ボトル2本を満タンにして、残りは飲んだり顔を洗ったりと、色々便利なのでブルベ中に3回も買ってしまったw

DPP_0929.jpg
二度上峠のぼってます

DPP_0930.jpg
雨に打たれるくらいが丁度いい、暑さ的な意味でw

DPP_0931.jpg
信号はもちろん守る。
青になってから走り出すと反対側が青になる前に通過できないけど仕方ないよね、自転車だものw

DPP_0932.jpg
てっぺんは涼しいかなーと期待していたけど暑かった。ここでEdge705の時計を見て愕然とした。「11時28分だと…?」ちょっとまって、PC1のクローズまであと30分ちょっとしかないじゃん!!!嘘だと言ってよバーニィ!!!

DPP_0933.jpg
というわけで急いで下る!

DPP_0934.jpg
展望ウヒョー!いや、だから急げよw

時間なんて気にする余裕もなくPC1へ駆け込み、鮭おにぎり/りんごのデニッシュ/赤コーラを買った。gkbrしながらレシートを確認するとそこには「10時48分」の文字が・・・。iPhoneも同じ時間を示しているし、とにかく間に合ったみたいだ。Edge705の時計が激しく狂っていたようなので、この後はiPhoneの時計を信じることにしたw 補給後は羽根尾までダーッと下る。下ったらのぼるわけだが、羽根尾から草津温泉までの上りが尋常じゃなく辛かった。その理由は、低地なので気温が高い、日陰が少ない、脇を車がビュンビュン通るなど、色々。

DPP_0935.jpg
4月にも来た「草津交差点」に到着。ここのセブンイレブンを過ぎるとPC2どころかPC3までまともに補給できる場所がないので念入りに補給しなければならないのだが、暑さにやられたためガリガリ君ナシ味しか食べられなかった…。これが良くなかったと気づくのはもう少し後の話。ボトルを例の天然水で満たし、勢いで買った蟹チャーハンおにぎりをサドルバックに詰めて出発。

DPP_0936.jpg
アイスでクールダウンできたので殺生ヶ原まではスイスイ進む、これはその先の一枚。森林限界が近い。

DPP_0937.jpg
うおお、森林限界キタコレ!太陽光遮る物が何もないオワターーー!と思ったら高地なので涼しい(・∀・)

DPP_0938.jpg
九十九折、感動のあまり目から鼻水がでたよね。このあたりでハンガーノックの兆し…。筋肉が悲鳴をあげてるわけでもなく、単純に踏めないし回せない。あわてて塩飴やら羊羹やらスティックパンを押し込んだが、すぐには回復しないのでチンチンタラタラと11km/hくらいでのぼった。ここでの大幅なタイムロスがDNFへつながったと思うとね・・・。ガリガリ君なんて食べてんじゃねーよと当時の自分に言いたいw

あ、白根山頂は写真撮り忘れっす。ブロガー失格。だがやめない。

DPP_0939.jpg
渋峠到着。寒い((((;゚Д゚))))

DPP_0940.jpg
絶景を片目にPC2カヤノ平キャンプ場へ急ぐ。白根山と渋峠に手こずってしまったため、制限時間ギリギリ感が半端じゃないけどとにかく頑張る。下り基調だけど3回登り返すと知っていたので、下りでは踏まないことにした。3回目の登り返しが想像以上にのぼっていて「ぐぬぬ・・・」がリアルに口に出たw

DPP_0941.jpg
PC2カヤノ平(だいたい200km地点)に規定時間の14分遅れで到着。ここでDNFが決定。スタッフの方にコーラとまんじゅうを頂いた。そうこうしていると6:00スタート組みであるECUの@shinno_さんが到着、想像以上に早い!さすが埼玉の奥地で鍛えているだけありますねw

さて、PC2でDNF、且つ、越生に帰る場合には3通りのルートがある。ひとつ、飯山まで自走して長野新幹線を使う(ただし終電が19時台)。ふたつ、ブルべのルート通りに山岳含む200kmを走る。みっつ、アップダウンがあまり無いR117とR18を経由して240km走る。そして私は三つ目を選択したのだ・・・。その後どうなったか、知ってる人は多いと思うけど、またそれはブルべの総括と一緒に後日書きます。

dst:296.14km
ave:23.1km/h
cal:10,123
獲得標高:4461m

※DNF後の走行距離を含みます

【DNF】スーパーアタック奥志賀

07-16,2012

DPP_0937.jpg
規定時間内にPC2へ到達できずDNFとなりました。今日は一日ダラダラして過ごしたのに眠さが半端ないので詳細は後日(忘れないうちにw)かきます。400kmで6,000mのぼるコースのうち、4,000mのぼっただけでこの疲労感・・・。AJ埼玉のスーパーアタック恐るべし。

フルアーマーサーベロ

07-12,2012


当分先と思っていた400kmブルベ、気が付いたら今週末に迫っていた。天気予報では日月のどちらも曇り時々晴れで、最高気温は30℃くらい。「悪天候でDNS」ということは無さそうだ。となると準備、出走は日曜日だから土曜日にゆっくり準備できるけど、今日できることは今日のうちにってことで色々ごちゃごちゃ付けてみた。ボトルは720mlと500mlを1本ずつで、足りなければ背中のポケットにペットボトルを突っ込む!


「■」はAJ規定で装着が義務付けられているもの(400km↑版)

■前照灯1:GENTOS SuperFireX3 SF-353X3 200ルーメン 単三電池×3本 ※ハンドル左側
■前照灯2:GENTOS 閃 SG-325 150ルーメン 単四電池×4本 ※ハンドル右側
□前灯予備:GENTOS Dominator DC-105F 160ルーメン 単三電池×2本 ※写真外
■ベル:BBB BBB-12 ※ステム裏
□トップチューブバッグ:TOPEAK TriBag
□サイクルコンピュータ:GARMIN Edge705


□サドルバッグ:ORTLIEB 2.7L
■尾灯1:CATEYE TL-LD270-R
□尾灯2:KNOG STROBE
□その他:熊よけの鈴 ※人を食べた事のある熊は鈴の音に寄ってくるとか何とか(((( ;゚Д゚)))
キャットアイの尾灯をサドルバッグに固定しているのは、これはオダックス埼玉規定に「尾灯は赤色で常時点灯のもの(点滅不可) 。必ず自転車に装着すること。ただし、サイドバッグ、キャリアなど自転車の車体に固定、一体となっている物に取付けてあれば可」の赤文字部分に甘えさせて頂いたもの。他の拠点では認められないので注意しましょ。


□ヘルメット前照灯:GENTOS GTR GTR-931H 45ルーメン
■ヘルメット尾灯:KNOG STROBE

衣類とか補修用品についても時間が取れれば書こう、

dhb EQ2.5 Waterproof サイクリングジャケット

07-08,2012



BRM715埼玉400kmスーパーアタック奥志賀にエントリーしているため、ガクガクブルブルと夜も眠れずに過ごしているOKBです。嘘です。未だ週間天気予報さえ出ていないけど、余程雨が降り続くような天気でなければ出走するつもり。そこで問題になるのがレイヤリング、特に渋峠からのダウンヒルは体感温度一桁らしいので、雨が降ったら凍えるじゃ済まない…。というわけでそれなりにまともなレインウェアを獄長から取り寄せた。使わずに済めばそれこしてないんだけどw

任天堂青歯キーボード

07-07,2012



仕事中にiPhoneでメモを取る事が増えたのでハードキーボードが欲しくなった。Bluetooth接続のオヌヌメを探し、エレコムの充電式とニンテンドーワイヤレスキーボードが候補にあがった。エレコムはマルチペアリングが出来るので魅力的だったけど、個人的に充電式のデメリットがメリットを上回ってしまい、任天堂を選択しますた。

ちなみに実売価格は前者が四千円弱、後者は二千円弱っす。ニンテンドーワイヤレスキーボードキーボードはポケモンのタイピングソフトが付いてこのお値段…。値段に負けた気もするw

この記事はそのキーボードを使って書いてるんだけど、使い心地はGOOD。キーはメンブレン式みたいだけど、タッチの感触は、ストロークがしっかりあるから非常に良好。ただし、何故かiPhoneとペアリングするとUS式キーボーとして認識される(知ってたけど)ので、日本語式にどっぷり浸かってた人は記号入力に戸惑うかも。単三電池2本で1000時間以上動くというのは胡散臭いけども、ガリガリ使ってみようと思いまふ!

色々アレなFUJI55だん

07-02,2012

ECUのメンバーとENJOY!SPORT BIKE 2012 フジ55 in 富士スピードウェイに参加してきましたよっと。

※はじめに
このイベントで参加者ひとりが亡くなるという事故が発生しました。ここに哀悼の意を表します。


冒頭から悲しいお知らせとなりましたが、60km/hものスピードが出る自転車を軽量ヘルメットひとつで転がすスポーツ故、事故トラブルでは大事に至る可能性が高い事を再認識しなければなりませんね。さて、当日のレポートっすけど、AKR100のるちる(ぽちる)さんの記事に私が書きたいこと全てが網羅されているのでリンクを張って終わりにします。

嘘です。

DPP_0912.jpg
5:30のゲートオープンに間に合わせるべく、2:00起き、2:30出発、千葉の某所でECUの総帥ことタロウさん、今回お初のルーべさんと合流。OKBはタロウ車に乗せて貰いました。あざます!早朝(深夜?)なので首都高&東名とも順調に流れ、ちょうど5:30にFSWの西ゲート入口に到着。しかしゲートは空いておらず、西ゲート内のだだっ広い駐車プールにて待機しろとのこと、左から順々に整列しろと指示されたので言われるがままに駐車。視界わるぅ。「中止じゃね?」みたいな声がアチコチからw

DPP_0913.jpg
程なくして西ゲートがオープン。誘導が無いもんだからプーリングされていた車が一斉に動き出して大渋滞発生。それだけならまだしも、一般道路から西ゲートへの直通門がオープンするという超展開へ。結局、早く来てプールされた人たち(我々含む)が最後の頃に開場入りするというクソっぷり。プーリングとは何だったのか?


DPP_0914.jpg
ピット近くの駐車場に空きがあるにもかかわらず、いっちゃん遠い駐車場に案内される等あったけども、どうにかピットへ辿りつく。多くのピットが特設ブースとして割り当てられていたため、参加者は鮨詰め状態。これに関して言えば、AKR100の皆さんと合同設営できたおかげでワイワイガヤガヤと非常に楽しかったですw

DPP_0915.jpg
それにしてもまぁ高級アイテムが揃ってること。。。持ち逃げ衝動を抑えるのに必死。

で、やっぱりという感じだけどスタート45分押し。試走締切りも少し延長されたようで、メンバーは一斉に試走へ。自分はPPPにつきお花を摘みにw 軽量化して帰ってくると当然のように誰もいない、ざ・ぼっち(・ω・) 走行順は恨みっこ無しツール(じゃんけん)でルーべさん、kanaさん、タロウさん、おくぼ、に決定。

DPP_0918.jpg
スタート待ち

DPP_0920.jpg
スタ━━━(゚∀゚)━( ゚∀)━( ゚)━( )━(゚ )━(∀゚ )━(゚∀゚)━━━ト!!!!

ここから先は写真を撮っていません。前日にiPhoneを水没させちゃったから、雨さえも怖くなったんだい!ブロガー失格と言われてもへっちゃらだぜぇ?変わりと言っては何ですが、可愛い人を撮影することに成功したのでご覧ください。

ワン
トゥー
スリー

DPP_0924.jpg
/^o^\ ※問題あれば消します


以下、走行記録的なもの。

周回数(敬称略)
ルーべ:4
kana:5
タロウ:4
おくぼ:4
ル:4
k:4
タ:4
お:4
ル:4
k:4
タ:4
お:4
ル:2
k:2
タ:2 ※ここで55周!
お:2 ※こちらは、計測ミスあったら嫌だから2周余計に走ろうぜ的なもの

計:57周

1順目
4.5kmのコースを2,000人弱が走っているので混沌としていた。アウトインアウトミサイルとか、斜行ならぬ蛇行プレイとか、ボトル落とすとか、パンク大量発生とか。最終コーナーで超減速する人が多く、上り坂でブレーキを使うなど。草津の悪夢再来。ゆっくり走るなら左側、って説明あったのになあ。弩号飛ばしまくりで走ってました。某性器氏も言ってたけど、怒鳴って嫌われても、結果それで事故が減るならいいじゃないってね。唯一のドライコンディションだと予想できたので安全マージン確保できるときは踏んでいった。

2順目
終始ザーザー雨。100km組みが終わり、コースは少しだけスムーズに。列車が来ないのでずーっとぼっち走。1周目か2週目のホームストレートで誰かが後ろに付いたけど、知らない人と回して行く気にならなかったのでスルー。第1コーナー、左前を行く人が後輪を滑らせて落車した。たぶんコーナリングでブレーキ当ててグリップが弱まったんじゃまいか。下り切って振り返ると立ち上がっていたので大丈夫だと思う。

3順目
基本的にザーザー雨、時よりドシャーっと降ったりする。1,2周目はぼっち走。3週目で列車に乗った。4週目、緩やかな上りでダンシングしていた人(トレイン外)が落車、避けるためにバラけたので残りはぼっち走。補給食のゴミやボトルがあちこちに散乱しているのが目立った印象。

4順目
160kmが終わったためにコースは一気に過疎化。ピットOUT直後、5~6人で走る人たちが手慣れた様子に見えたので頑張って接続しようか考えたけど、この時点で55周終わっていたので無理せずにぼっち走。57周目のホームストレートで「7時間7分」という時計を見ながらゴール!

雨が降りだしてからはとにかく安全第一で走った。予め空気圧を低めにしておいたので、グリップを失うようなことは無かったね。リレーならボトル要らなかったかも。雨水と跳ね上げ美味しいです^q^ だが寒さ、お前はダメだ。走ってる最中はまだしも、待機中はgkgkbrbrしてますた。これは長袖持って行かなかった俺が悪い。でもメンバーの娘さんたちがキャッキャと遊ぶ姿で癒されたーw


で、順位ですが、250kmリレーは127チーム中54チームが完走したらしいです。え?順位?それはこっちが聞きたいっすw 計測システムのトラブルで、スタート1時間以降速報は更新されないし、リザルトも19時頃に一瞬公開されたものの、すぐに「調整中」の文字に変わってしまいましたから。参考までに、9周目の時点では14位、19時の怪しいリザルトでは18位(7:07:53)です。

おや、感の良い方はお気付きですね?7時間7分はわたくしが57週目で計測ラインを越えた時間とクリソツです。もしかして怪しいリザルトとは、55周より多く周回した分の時間を含んでいるのでは?twitter上に同じことを経験した方が何人かいらしたので…。正式リザルトが「出れば」分かりますね!出ればだけど。

公式HPには「酷い運営でごめんね、来年頑張るね」みたいなお詫び文章がUPされていました。現時点のECUメンバで「来年またで出ようぜ!」って人はゼロっぽいw 今後の運営に期待。ついでだから書いておくと、青い犬のタオルはどうにかしろ。参加賞ってのは大会名が印刷されてなかったら意味ねーよwww このように奇跡の運営&悪天候でしたが、それでも楽しむ事ができたのはECU&AKR100の皆さん、とそのご家族のおかげであります。ありがとうございました!

893g.png
dst:62.39km
ave:33.7km/h
cal:2031 ※(笑)
獲得標高:742m